Nov 4. 2020#Culture

1日を好スタートするための中之島ランニング

仕事でも休暇でも、旅先でいい1日を始めるにはコツがいります。たとえばお気に入りの音楽で目覚めるとか、あるいはいつも通りにシャワーを浴びて着替えるとか、しっかりと朝食を食べるというのも大切です。
そんな旅先の1日を、ランニングで始めるのはいかがでしょうか。まだ街が本格的に動き出す前に街を走り、体を目覚めさせるとともに、天気や気温、動き始めようとしている街の匂い、音に刺激されてきっと感性も覚醒します。
大阪キタに位置する〈Zentis Osaka〉を起点に走るなら、堂島川沿いに中之島を走るランニングコースがおすすめです。
「堂島川沿いを東へ向かうこのコースは、ビルと歴史的建築の対比や中之島の文化施設や庭園など大阪の文化的側面を感じながら走れるのが魅力です。また、中之島公園の花と緑を楽しんだり、水の都・大阪を実感できるので、ランニングをされる方は、ぜひ走ってみていただきたいですね」
と、〈Zentis Osaka〉総支配人。それでは、ランニングが趣味だという総支配人が、コースを紹介します。

歴史建築とビルの対比を愛でる

〈Zentis Osaka〉の玄関を出たら右へ。堂島川にかかる歩行者専用の橋〈中之島ガーデンブリッジ〉で、まずはストレッチを。

〈中之島ガーデンブリッジ〉から中之島へ渡り、走り始めましょう。「まずは日本銀行大阪支店の旧館や中之島図書館、大阪市中央公会堂など、中之島にある名建築を眺めながら走ります。また、名建築とともに楽しんでいただきたいのが、堂島川にかかる石造りの古い橋。特に図書館の向かいの〈水晶橋(写真TOP)〉はアーチの美しさが特徴です」

中之島公園の花と緑を楽しむ

さらに川沿いの遊歩道を走り進めると、遊歩道の両側に緑が増えてきます。「この右手の植栽の奥には、国宝や国の重要文化財を含む4000点以上の陶磁器のコレクションを展示している〈大阪市立東洋陶磁美術館〉があります」

〈中之島バラ園〉は、大阪市内最大のバラ園です。春と秋には各種約4000株のバラが見事に咲くそう。その芳香の中を走りぬけ、中之島の東端を目指しましょう。

中之島の西と東を結ぶ〈ばらぞの橋〉から振り返ると、煉瓦造りに青銅屋根の〈大阪中央公会堂〉が見えます。

水の都・大阪を体感する

中之島の東端。「中之島を挟むように流れている堂島川と土佐堀川が合流します。前方から陽が昇り、気持ちの良いスポットです」という〈中之島公園 剣先噴水〉。ここまでで1.5km、折り返して3km。朝散歩としても楽しめる気軽な距離です。

もう少し走りたいという方は、中之島から川を右岸に渡り、さらに東へ。〈天満橋〉から振り返ると、中之島の東端にかかる〈天神橋〉、そして遠くに〈Zentis Osaka〉も見えます。ここまでで2km、折り返して4kmのコースは心身の良いリフレッシュになるのではないでしょうか。

大阪城まで足を延ばす

まだ走り足りない!という方は〈天満橋〉から坂を登って、〈大阪城〉を目指しましょう。「坂を登って谷町2丁目の角を曲がると、真っ正面に〈大阪城〉の天守閣が小さく見えて、よしあそこまで!と励まされます」。〈大阪城〉の大手門まで3.5km。折り返して7kmの本格朝ラン達成で、自信に満ちた1日を過ごせるはずです。

RELATED POST

一覧に戻る