GBAC STARTM認証: 衛生的且つ健康的な環境を国際的に証明

Zentis Osakaは、新型コロナウイルス感染症が広がる中、お客様にホテルを安心・安全にご利用いただくため、感染症予防対策において国際的な衛生基準を満たした施設であることを証明する、GBAC STAR Facility Accreditation (ジーバック スター ファシリティ アクレディテーション、以下GBAC STARTM認証) を取得しました。

GBAC STARTM認証とは、世界的な洗浄業界団体 (ISSA) にて洗浄、消毒および感染症予防のプロトコールを実施する施設の運営基準を提唱している部門、Global Biorisk Advisory Council (グローバル バイオリスク アドバイザリー カウンシル、以下GBAC) による国際的認証プログラムです。

本認証プログラムでは、当ホテルが策定する洗浄、消毒、感性症予防に関する各部門、および従業員の役割と責任がGBACの定める認定基準によって十分に果たされていることが証明され、国際基準において当施設の洗浄、消毒および感染症予防のプロトコールが安全・安心であることが証明されました。当ホテルにおける取り組みの詳細は、当ホテルウェブサイト (https://zentishotels.com/ja/osaka/coronavirus/) 内、「新型コロナウイルス感染拡大防止対策」にてご確認いただけます。

<Global Biorisk Advisory Council (GBAC) について>

Global Biorisk Advisory Council (GBAC、https://gbac.issa.com/) は、世界的な洗浄業界団体International Sanitary Supply Association (ISSA、https://www.issa.com/about-issa) の一部門で、洗浄、消毒、および感染症予防のプロトコールを実施する施設の運営基準を提唱している団体です。各施設が策定する洗浄、消毒、感染症予防対策のマニュアルが、GBACが専門家と共に策定する国際的衛生基準ガイドラインに満たしていた場合、GBAC STAR Facility Accreditation (GBAC STAR™認証) を各施設に進呈しています。